skip to Main Content

オンラインサミットをローンチする方法

ビジネスで最も洗練されて、最も早く成果をだす方法:オンラインサミット

勤務医を辞めて、バリ島に移住するのが私の夢でした。

実現したら子どもたちを緑豊かな環境で学んでもらうこともできるし、私も存分に勉強して、より多くの方に大切な情報を伝えていける・・・・

そう思っていたのですが

学んだことを記事にして、

リストを集めて、教育して、セールスをして・・・

教わった通りに行っていても、ビジネスの進みはカタツムリのようでした。

それに自分の信用が落ちるようなセールスはしたくない!

でもこのままでは、子どもたちが日本のコンクリートジャングルで育って巣立っていってしまう!

どうしてもエレガントに、素早く次のビジネスステージへと進むことが必要でした。

そこで私が選んだのがオンラインサミットです。

オンラインサミットというのはインターネット上で行われる会談です。主催者が専門家を集めてインタビューをし、それを参加者が一定の期間オンラインで見て学ぶことができる放送です。

欧米では結構流行っている手法なのですが、日本ではまだまだ浸透していませんのでイメージしにくいかもしれませんが、私が見かけたり、参加したサミットは起業家のサミットだったり、癌サミットだったり、グリーンスムージーのサミットだったりしました。

オンラインで専門家がグリーンスムージーについて熱く語るって、想像するとちょっと楽しいですね。

さて、その中でも私が特に惹かれたのが予防接種サミットを7日間に渡って毎日無料で放送されていたドキュメンタリーシリーズです。日本版をするのは私だと思いました

シリーズをみてから2ヶ月後、私は9人の専門家と対談して予防接種オンラインサミットをローンチしました。

サミットの素晴らしさは聞いていましたが、実際こんなに早く成果がでるとは私自身本当にびっくりしました。以下はオンラインサミットを主催するベネフィットについて私の体験を元にまとめたものです。

▶メーリングリスト:数日で私のリストは0から3000以上のリストになりました。

▶収入源:オンラインサミットのセールスだけでなく、そこから私のことを見つけて下さった方が私の商品を購入して下さいました。

▶専門家、インフルエンサーとの人間関係の構築:サミットをすることによって、繋がりより深くなりました。

▶ 権威性と認知度が上がる:予防接種やサミットに関して教えて欲しいと言われるようになりました。(海外の人からも教えて欲しいと言われるまでに!)

▶ 参加者に感謝される:普段セミナーに行くことのできない地方の方、小さいお子さんを子育て中の方も話しを聞くことができたと喜んでくれました。

▶ 大切な情報をより広く拡散:自分ひとりの力だと拡散力は限られてきますが、サミットによって、より多くの方に大切な情報が伝わることができました。

オンラインサミットは数字的にも数値には表せないものに関しても、素早くビジネスを加速させてくれる素晴らしい手法です。

実際、これほど “win-win-win”な形はないかもしれません。

あなたのメーリングリストが増え、認知度や収入を得ることができ、参加者は無料で必要な情報を得ることができ、専門家も少ない労力で認知度があがり、新しい聴衆を得ることができます。

特にとても大切な情報を持っていらっしゃる方。ご自身は専門家でないけれども、情報を広めたいと思っていらっしゃる方。それによって収入を得たいと思っていらっしゃる方。オンラインサミットを主催することを強くお勧めします。

どんなビジネスにおいてもこれだけ早くビジネスが加速するものはありません。

以下は、オンラインサミットを60日以内でローンチする方法です。

フェーズ1 計画を立てる(7日)

1.オンラインサミットの日程計画

オンラインと言えども、サミット(首脳会議のイメージ)と言われるように、日程が決まっているイベントです。サミットを何日間するのか、いつするのかということを決めます。

あまり長いサミットはしないことをお勧めします。4−5日が適切です。

2.コンテンツを決める

オンラインサミットの主催者としてあなたがすることは、どのような形でサミットを演出していくかということです。サミットの名前、トピック、誰をインタビューするのか。

このイベントを必ず「◯◯サミット」とすることをお勧めします。セミナーとかクラスとかではないことがひと目でわかるように!

そしてあなたがターゲットとするお客さんが来やすい名前、ブランディング、トピックにするように心がけて下さい。

3.技術的なことを決める

オンラインサミットを行うために、いくつか機材やソフトなどが必要となってきます。インタビューをする時のマイク、ウェブカメラ、インターネットアクセス。

それからランディングページ、セールスページ、チェックアウトページ、決済ページとの連動、会員サイトなど細かい所がスムーズに流れることが大切です。

4.インタビューをする人を決める

専門家、ゲストスピーカーに声をかけます。4,5人ですと少なすぎますし、多ければ多い程いいというわけでもありません。私は10人声かけれるかと計画していましたが、9人になりました。もう少し多い方がいいようですが、10人いれば十分ローンチできます。

どのように専門家にアプローチするか、計画します。

フェーズ2:制作(30−40日)

5.オンラインサミットの箱を作ります

オンラインサミットの最初に作るのが、オプトインページです。サミットに適したドメイン名をとり、ホームページを作ることによって、専門家に、「こういうサミットをしますよ」と見せることができます。

オプトインページにはサミットに関する情報を書きます。イベントの日程、主催者について、仮のゲストスピーカーについてです。このページで参加者はメルマガに登録して、サミットに参加することができます。

6.インタビューを録画する

オンラインサミットの箱を作ると並行して、インタビューを録画していきます。Zoomでインタビューすることをお勧め致します。

ゲストスピーカーに関して事前に良く知って、きちんと紹介できるようにします。それから事前にスピーカーに質問事項を送っておきます。

参加者が聞きたいであろうと思われる質問を効率よく質問していきます。

7.オンラインサミットインタビューページを作る

インタビュー動画を埋め込むページを作ります。すべてのインタビューは統一したページであることが好ましいです。コメント欄と、サミットの動画を購入できるリンクを貼ります。

8.セールスページを作る

無料で放送される動画を見逃した方、もしくは何度か復習したい方、あなたの活動に賛同して下さる方がサミットを購入して下さるようにセールスページを作ります。決済会社と連動して、決済完了したら、会員サイトに入れるように流れを作っておきます。

9.会員サイトを作る

会員サイトにて、全てのインタビュー動画がいつでも見れるように設定しておきます。

 

フェーズ3:ローンチ(10日-14日)

10.サミットのプロモーション

サミットが始まる2週間前ぐらいから告知を始めます。あなた自身のメルマガ、FBページ、ブログ、LINEに告知します。あなたがインタビューした専門家の方にもそれぞれの媒体で告知して下さるようにお願いします。

11.オンラインサミットの実行

スケジュールに従って、専門家のインタビュー動画を流します。毎日どのリンクで動画が見れるのかメールします。

12.最終フォロー

オンラインサミットが終わりましたら、フォローします。専門家へ感謝のメッセージを送る。必要なカスタマーサポートをする。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *