skip to Main Content
医療広告ガイドラインは弱者を罰するもの

医療広告ガイドラインは弱者を罰するもの

法律、ルール、規則、決まり

社会で皆が気持ちよく暮らしていくには大切なものですよね?

 

私達が法律によって守られていることに

心から感謝しています。

 

一方、医療広告のガイドラインを見て愕然とした方も多いのではと思います。

これからどうやって情報発信していくのかと。

 

ということで、私なりに法律にはこういう側面もあるよね、ということを

意見させていただければと思います。

 

今の世の中の罰するやり方って

偏って弱い人だけを罰するようになっているんですね。

 

東郷潤さんの絵本で

凄くわかりやすく描かれているのですが

http://www.j15.org/Picturebook-Punish/index.html

 

大っぴらに社会に最大の影響を及ぼし害しているシステムは野放しで

小さい所が過ちをおかした時のみ、

法律通り、罰がくだされるんですね。

 

過ちは誰でもおかします。

その過ちを修復する必要はもちろんありますが、

一つの過ちで、その小さい人や周りの多くの小さい人達が

社会で生きていくことを

再起不能にする必要はないと私は思うんです。

 

何かが起こる度に

法律が改正され、もっと多くの小さい人だけが

どんどん罰せられるようになっているようなそんな気がしてなりません。

 

ということで、私も漏れなく

これから書きたいことも書けなくなっちゃう

小さい医療者の一人になりそうです。

(言いたかったの、ソレ?笑)

 

見直している私のサービスのいくつかは

終了していきますが、

そのうちの一つがクレイになります。

 

クレイは現在の在庫が終わりましたら

販売終了となります。

 

長い間ご使用頂き、本当に本当にありがとうございました!

 

7月のクレイの講座に関しても

最後になりそうな雰囲気ですが、

あんな症状やこんな症状に

(だから、病名言っちゃ駄目なんだってば!笑)

こういう風に使うんですよってことを

全力でお伝えしますね。

http://bit.ly/2IWKCUz

 

クレイと共に薬なしで育児できてきたこと。

本当に良かった!

感謝を込めて!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *